鹿児島のパート看護師

20代のうちから子宮がん検診を受けることをお勧めします!早期発見ならほぼ100%完治します。子宮がんで命を落とす若い世代が増えています。

子宮がんには、子宮体癌、子宮頸癌があります(´・Д・)」

日本では、この子宮頸がんによって、一日に約10人の女性が亡くなっているのを知っていますか?

子宮頸がんは、女性であれば誰でもかかる可能性がある病気です(・_・;

しかも、20代から30代に急増していて、その世代の若い女性が発症する癌の中では、第1位の発症率の癌なのです。

このように若い世代に好発する癌で、予後の悪い患者さんが多いのには、初期では症状が出にくいという特徴があるからなんですね。

初期では全く症状がないことがほとんどです(´・Д・)」

だから、おりものや不正出血で気づいた時には、子宮頸がんが進行していた!なんてことも少なくないのです。

性交時に出血があったり、おりものの色が異常になったり、下腹部や腰に痛みがあったり...といった症状が出た時には、癌は進行しています。

この程度の症状が出ても、仕事で忙しい20〜30代の患者さんは、病院に行く暇もなかったりして、癌が進行してしまうんです( ;´Д`)

20代や30代といったら、妊娠出産を控えた女性が多いのに、子宮頸がんによって子宮を摘出しなくてはならない...なんてこともあり得るんですよね。

女性にとって、子宮を失い子供を産むことの出来ない体になるというのは、女性としての大きな喜びを失うことにもなります( ;´Д`)

また、まわりの臓器に転移してしまうと、卵巣やリンパ節なども摘出しなくてはなり、命に関わることもあるのです。

だからこそ、早期発見、早期治療をする必要があります!

子宮頸がんを早期に発見するには、検診を受けることが一番です(´・Д・)」

自覚症状が出てからでは、癌が進行しています。

だからこそ、若い時からしっかりとがん検診を受けておくことが大切ですねd(^_^o)

2014年6月 5日|

夜間にドクターコールすると、適当に指示だけ出して絶対に患者さんを看に来ない当直医。これでトラブルがあっても責任は看護師に・・・。

患者さんの急変やステルベンって、なぜか夜間の方が多くないですか?

日中は、ドクターもナースも沢山いるのになんの兆候もなく、深夜に突然の急変...ってパターンはよくありますよね(;´Д`A

急変や、突然のステルベンなど、急性期病棟では珍しいことではありません。

オペ後の患者さんや、重症度の高い患者さんは、いつ何が起こるかわからないですよね。

そんな時のために、毎日当直医が当番制で病院にいます(´・Д・)」

当直医は、ナースのように交代制ではなく、日勤勤務から夜間も継続して勤務し、翌日休みという勤務体制です。

当直医は、病棟にいるわけではなく、夜間の救急外来業務も兼務しているため、急変時はドクターコールします。

緊急時、必要があればすぐに病棟に来て、対応したり、指示をだしてくれます_φ(・_・

本来はそれが普通なんですが、中にはそうではないドクターもいるんですよね。

患者さんが急変したとドクターコールをしているのに、
「呼吸はあるんでしょ?」
と、怪訝そうな声で指示だけだして、患者さんを見に来てくれないんです。

え⁈だって、急変してるからドクターコールしてるんですけど...( ̄ー ̄)

当直医が、激務で休む暇もなく働いているのは知っているし、疲れているのもわかります。

しかし、これで何かトラブルがあったらナースの責任になるんですよね(T ^ T)

ナースはドクターがいなければ、勝手に医療行為をおこなうことも出来ないですし、患者さんの命を救えるのはドクターしかいないですよね。

こんな勤務体制だから、ドクターだけを責めるわけにもいきませんけど、やはりせめて直接診察しにくるとか配慮していただきたいですよね...(;´Д`A

2014年6月 5日|

高齢の患者さんと若年の患者さんの看取りの違い・・・。若い世代はまだまだやり残した事が多く、看取りも余計に辛いものがあります。

私の働く病棟には、呼吸器内科と、血液内科の患者さんが入院しています。

呼吸器内科の患者さんは、高齢者の患者さんが多く、寝たきりで終末期にある患者さんも多くいます。

肺がんの患者さんもいますが、高齢者の患者さんは進行がゆっくりで、末期の患者さんでも長い経過をとっている方もいますね(・_・;

血液内科の患者さんは、白血病や膠原病、脳腫瘍など難治性の疾患が多くいます。

血液内科の患者さんは10代後半から30代の患者さんが多くいます。

白血病の患者さんや、脳腫瘍の患者さんは、若くして亡くなる患者さんが多いですね( ;´Д`)

若い患者さんが、治療や検査のために長い入院生活を余儀無くされ、辛い治療の甲斐無く亡くなっていくのは、看護師としても割り切れない思いがありまくね。

30代前後の患者さんが多いため、一家の大黒柱であったり、幼い子供のママであったり...余命わずかと告知されるには、あまりにも酷な現実があります>_<

平均寿命が世界でもトップクラスの日本ですから、病気さえしなければ、まだまだ長い人生があり、もっと沢山の事が出来たんです。

子供がいる患者さんは、子供の成長をもっと見たかったでしょうし、もっとバリバリ働いて、幸せな老後を夢見ていたかもしれません。

残される家族も辛いですが、家族を残してこの世を去る患者さんも、死んでも死に切れない思いでしょうね...>_<...

高齢者の患者さんであれば、まだ割り切れる患者さんの死ですが、若い患者さんの看取りは、とても割り切れるものではありません。

なかなか気持ちの切り替えが出来ない時もあり、自分は看護師に向いていないのでは...と考えてしまうこともあります。

看護師の仕事は好きですが、これだけはどうしても割り切ることが出来ないですね...( ;´Д`)

2014年6月 1日|

20代30代の患者さんの看取り・・・。患者さんに「死にたくない・・・」と泣かれると、何と言っていいのか分からなくなります・・・。

看護師の仕事ってハードですが、業務のハードさより辛いのが、患者さんの死ではないですか?

とくに、若い患者さんの看取りは、とても辛いですね( ;´Д`)

私がまだ新人ナースだった頃に働いていた病棟は、重症度の高い患者さんが多く、毎日のように患者さんが亡くなっていました。

白血病や、悪性腫瘍の患者さんが多く、病棟オペや病棟検査の手技を覚えることに毎日必死でしたね(;´Д`A

急変やステルベンが多いため、毎日残業で、仕事に追われている日々でした。

業務内容がキツイことも大変でしたが、一番キツイなぁって思うのが、終末期の患者さんとの関わりでした。

終末期にある患者さんの中には、まだ若く幼い子供をもつ方も多くいました。

死と直面しながら、家族のこと、自分の死について、延々と語られることもあり、どう返事をしていいかわからず、どう声をかけてあげたらいいのかいつも悩んでいました>_<

20代、30代の患者さんは、自分と年も近く、病気にならなければ、まだまだやりたいこともいっぱいあったと思います。

「まだ死にたくない...」
と泣かれると、とても軽い言葉で慰められることではありませんよね。

もし自分が、患者さんの立場だったら...と考えると、とても辛く悲しい気持ちになります( ;´Д`)

他の患者さんとの関わりでは、元気に振舞っていましたが、涙が止まらないことも度々ありましたね。

先輩看護師には割り切って仕事をしろと言われましたが、簡単に割り切れることではありませんよね(;´Д`A

患者さん、それぞれに背景は違いますし、一概に正しい答え方などはないのだと思いますが、健康な私の言葉など、どれも嫌味にしか聞こえないのではないだろうか...。
などと、考えてしまいなかなか言葉が見つかりません。

そんなことが、自分にとってもとても負担になっていましたね。

生きたいけど生きることが出来ない辛さは、きっと自分が同じ立場にたって見なければ、本当の気持ちはわからないですよね。

しかし、それでも少しでも患者さんの立場にたって、患者さんの気持ちを楽にしてあげることが出来れば...と思いながら働いています(*^_^*)

2014年6月 1日|

平均寿命は延びていますが、自分の意思では動けない寝たきりの患者さんも増えています。

日本の平均寿命は、2012年で女性が86.4歳と世界一。
男性も79.9歳と、日本は非常に寿命の長い国となっていますね(´・Д・)」

日本人が長生きする理由には、いくつかあります。

まずは、黄色人種ということ。

黄色人種は、環境適応能力が高く、紫外線や寒さに強いなどの特性があるんですd(^_^o)

だから皮膚ガンになりにくい、寒さが原因となる病気になりにくいなどといった長生きの理由があります。

また、日本人の食文化も長生きの要因と言われていますね(-_^)

脂質が少なく、血管に負担の少ない食生活が長生きの秘訣ですね。

何よりも、日本は国民皆保険制度という、誰でもみんな平等に保険を受けることが出来る制度があります。

だから病気になっても安心して医療を受けることが出来ることが一番の要因ですね(*^_^*)

医療の発達により、昔は亡くなってしまうような病気でも今は治療することが出来ます(´・Д・)」

ご飯が食べられなくなっても経管栄養で栄養が取れます。看護師転職ナビはこちら


呼吸が出来なくなっても人工呼吸器をつければ延命出来ます。

そういったことでも、高齢になっても寿命を延ばすことが可能になったんですよね。

しかし、寝たきりで沢山の管につながれ生き永らえる事は、本人にとって幸せなことなのか...(・_・;

平均寿命が延び、健やかに有意義なライフスタイルを維持出来る長生きであれば、一番好ましいことですがね...。

寿命を無理やり延ばしている感じも否めませんね( ;´Д`)

実際、現代の高齢者の中には、介護を必要とし、寝たきりの生活で自分の意思を伝えることも出来ずに生きている方は沢山います。

平均寿命が延びたと一概に喜んでいいのか...考えさせられてしまいますね(。-_-。)

2014年5月27日|


自動相互リンク集GF NKI PR-Link 結婚相談所 ショッピングカート 童話